ブロークバック・マウンテン2006/04/03 23:50

 とてつもなくいい天気。
 ここ数日、いや数週間ほど引きこもりの生活だったので、おもいきって自転車で外出。暖かいけれど風がすごかった。
 我が家から自転車で40分ほどの場所にシネコンがあるので、そこまで足を延ばして「ブロークバック・マウンテン」を見てきました。

 ストーリーに期待してたんですが、うーん…それほどおもしろくはなかったですね。各映画賞総なめというイメージが先行して、自分の中で期待値が高まりすぎたか?演技を見るぶんには、役者はそれぞれとてもよかったんだけど。男優も女優も。
映像はきれいでした。山の自然描写もいいんだけど、町の撮り方もいちいちかっこいい。

 しかし平日の昼間とはいえ、客が自分を含めて3人しかいない。おまけに映写機のせいなのか、画面がずーっと微妙に揺れている。字幕がない場面ではさほどでもないんだけど、字幕を追うと酔いそうになる。昔の二番館の上映じゃないんだからねえ。
  
 見終わってから劇場の人を捕まえて「フィルムが揺れて見難かったから直したほうがいい」と言っておいたけど、こういうのは上映中でも文句をつけるべきですかね。でも席を立つとその間の画面は見れないわけだし…。音声が聞こえないとか途中で映像が切れたとかなら金返せと言えるけど、ものすごく微妙なので我慢してしまった。

 たしか『男性・女性』の中でジャン・ ピエール・レオがサイズの違う映画を見せられて、映写室まで怒鳴り込んでいくシーンがあったなあ。

コメント

トラックバック

_ soramove - 2006/05/04 23:31

「ブロークバック・マウンテン」★★★★
ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演
アン・リー監督、2005年アメリカ

大自然を前にしても
人の心は開放されない。

人生は思うようにならないもの、
ならばやはり人は
何かを自ら選び取らなければならないの...