ポセイドン2006/06/07 12:35

ペーターゼン監督がリメイクした『ポセイドン』を観てきました。

 娯楽に徹してます。しかもずいぶんと上映時間が短いからササっと見れる。見てる間はまったく退屈する暇を与えないように作ってありました。こういうのは大画面・大音量じゃないとおもしろさ半減かもしれません。
 ただし上映中はハラハラできるけれど、時間が経つと印象が薄れてくるタイプの映画ですね。ラストも少し物足りなさを感じました。
でも私はこの手の映画はけっこう好きです。

 70年代の『ポセイドン・アドベンチャー』に思い入れがある人なら、過度の期待をしがちでしょうけれど、新作は脚本もキャラクターも一新されていて、まるっきり別物です。人間ドラマは希薄。アクションに重きをおいた作り。どうしても旧作と比べてしまいますが、最初からまったく別な映画だと思って観るのが正解。
 ポセイドン号も旧作は郵船を改造した貨物船兼巡航船だったのが、新作では最新鋭の超大型豪華客船ということになってます。そのあたりのセットの豪華さも見どころ。

 こういう脱出劇は、つまりは人の一生を極端な縮図にして見せてるようなもんですね。災害をネタにしてるから災害が主役だと思ってしまうけど、災害自体は道具であって、当然ですがあくまでも主役は人間。
「死」というものを人間は普段はわざと考えないようにしてますが、いつどんな条件で死が訪れるのかは誰にもわからない。 パニック映画は登場人物がその恐怖に立ち向かい、克服する過程を手に汗握る演出で見せてくれる。だから面白いんじゃないかなと私は思います。


 で、ここから先は原作小説の話。多少「ネタバレ」とかいうやつがありますので、一言お断りしておきます。

 ジーン・ハックマンが型破りな牧師を演じた旧作の『ポセイドン・アドベンチャー』は、「人間ドラマがよく描けてる」というような評をあちこちで見かけます。
 でも原作を読むと、映画で受けた印象がだいぶ変わりました。
神に祈ってる暇があったら自分の力で闘え、そして勝て という考えの牧師さん、映画では彼はヒーローだし、その行動は弱者を助けることになるけれども、原作では必ずしもそうとは言いきれない。
彼は祈らない代わりに自分の行動でのみ神を感じようとする。常に障害に対して、自らの力で勝利をつかもうと努力する。なぜなら自分の勝利を神に約束したし、その姿を神が望んでいると信じているから。
 だけど彼が信じているのは「神」ではなく、神の目の前で自力で勝利する自分ではないかと思えるんですね。だから望みが絶たれたとき、最後の最後に神に大声で悪態をつくけれども、それは完全に一方的なやつあたりだったし、映画版で変更された自己犠牲の姿とも明らかに違う。

 さらには途中リタイアで飲んだくれてた男が助かったり、じつは彼等とは別のグループが船首のほうから楽に大勢脱出できたというのは、登場人物のみならず、旧作映画が好きな人にはショックな展開じゃないでしょうか。

 キャラクターは皆それぞれに立派な振る舞いをすることもあれば、心の中では誰かをけなしたり呪ったり、あるいは邪魔者に思ったりもしてるわけです。たとえば皆に嫌われていた仲間が不慮の死をとげたときや、危険を目の前にして自分が尻込みしたとき、あるいは苦労した様子もなく無事助かった人々を見たとき、登場人物たちの取り繕った言葉や態度の裏側にある心の声を、小説は容赦なく暴いて見せてくれます。

そういうわけで「人間ドラマ」がお好きな人は、原作も読んでみると一層楽しめると思います。ただしおもいっきりドロドロですが。
 個人的には映画版には出てこないシェルビー夫妻(スーザンとロビンの両親)の関係がリアルで怖い。これは怖すぎる。


 ところで、長らく絶版だった原作本が、映画公開に合わせて新訳で出たのは嬉しいことですが、タイトルが『ポセイドン』に変わってしまったのがちょっと嫌なかんじです。
小説も原題は『ポセイドン・アドベンチャー』なのだから、ここはそのままにしてほしいところですね。

コメント

_ まこちん ― 2006/06/10 01:50

眉村卓さんの『とらえられたスクールバス』という作品が、映画公開で小説の方の題名も『時空の旅人』という名前に改題されたのを思い出しました。これも原作と映画で内容が結構違うのですけど、どっちも結構好きだったりします。
原作付きの映画・ドラマなんかは、最初っから違うもの~って思って観るのが一番ですね。そして・・・・原作がめちゃくちゃ好きなときは、観ないのが一番!・・・なのかな^^;。

_ kon ― 2006/06/11 23:56

へえ、『時空の旅人』は元はそんなタイトルだったんですか。

シュワちゃんの『バトルランナー』は原題が『ランニングマン』なのに、映画のタイトルも原作本も『バトルランナー』に変わっちゃってます。こんなふうに日本でだけタイトルが変わるのもけっこう多いですね。

>原作がめちゃくちゃ好きなときは、観ないのが一番!・・・なのかな^^;。

確かに、原作を愛している人も納得できるような幸せなケースの映画は、かなり数が少ないですねえ。今夏封切りのファンタジーのアニメ映画、はたしてあれはどうなるかな…

トラックバック