「劇画の星」をめざして2006/07/03 15:51

『劇画の星をめざして』佐藤まさあき著 文芸春秋

 貸本劇画で一時代を築いた佐藤まさあきさんの自伝。

 当時の貸本業界の栄枯盛衰、その後の劇画ブーム、「劇画」に対するバッシング、交流のあった漫画家、編集者、アシスタントたちの奇態、確執などが赤裸々につづられていて、いわば戦後漫画史の裏側をのぞき見るような内容。中でも原稿料の推移が具体的な数字で生々しく記されていて、これには驚きました。
 トキワ荘を中心とした漫画家の自伝などと違い、貸本劇画の世界は、また独特の雰囲気があります。

 私がものごころついたころは、すでに町から貸本屋の姿が消えかかっていたので、貸本に光が当たった時代を私は知りませんし、貸本を描く作家に対しても暗くて辛いイメージがつきまとうけれど(たぶん水木しげるさんやつげ義春さんが漫画で描いていたイメージ)、じつは業界の最盛期に人気のあった作家はすごかったらしい。
 著者が日の丸文庫のパーティで聞いた話として「出版社が人気作家を確保するために、専属契約がわりに家を一軒買い与えた」などというすさまじい逸話が載っています。
 それでもブームはそう長くは続かず、貸本業界が斜陽になったときに、いちはやく大手の雑誌に活動を移せた一握りの人が、今で言う勝ち組ということなんでしょうか。

 著者自身も、何度もピンチに陥りながらも、貸本業界から雑誌に移ることに成功し、人気絶頂のころは、池袋に五階建ての自社ビルを建てたり、鎌倉の海の見える高台に家を建てたり、クルーザーを買ったりと、それはもう羽振りがよかったそうですが、当然むちゃくちゃな仕事量だったからこそできること。一日で一本の連載を仕上げるような殺人的スケジュールをこなしていたというのだから、物理的に考えただけでも相当な量です。

 そしてその後、仕事が徐々に減っていく様子も、著者は正直に綴っています。

社会見学2006/07/04 23:25


 M治カナ子さんの引率で、埼玉の春日部にある「首都圏外郭放水路」という施設を、家内と三人で見学してきました。

 巨大な柱が並んだ画像を見ると、まるで実写版『ウィザードリィ』とか『女神転生』みたいに見えますし、これで柱に彫刻がほどこしてあったら、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のドワーフが作った地下宮殿「ドワロー・デルフ」ってかんじです。上から洞窟オークが襲ってきそうな雰囲気(笑

 なにをする施設なのかというと

「首都圏外郭放水路は、あふれそうになった中小河川の洪水を地下に取り込み、地下50mを貫く総延長6.3㎞のトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の洪水防止施設です。」(首都圏外郭放水路インフォメーションからの引用。くわしくはリンク先を参照してください。)

 つまり、洪水対策用に地下に作られた人口の川。

 地下宮殿のような画像は「調圧水槽」と言って、地下の川を通ってきた水の勢いを弱めるためのプールで、ここに集まった水を、すぐそばに流れる江戸川に排水するそうです。
 埼玉の中川・綾瀬川流域は、土地が低いために洪水の被害が多かったんですが、この施設のおかげで、昨年の台風の洪水被害は格段に減ったとのこと。

 柱の高さ17m、重さ約500トンだそうで、これが59本も林立した景観は、かなり見応えがありました。
 ふだんの見学なら、調圧水槽の底の部分を歩けるそうなんですが、今日は一部で工事をしているということで、壁面上部にぐるりと付いた通路(たぶん地上15メートルくらいの高さ)を歩かせてもらいました。
底から上を仰ぎ見たかったけれど、上からの眺めはこれはこれで貴重だし、なかなかスリリングでよかったです。

 ここでは1日2回の見学会を実施していて、各20人ずつの見学者を案内してくれます(要予約)。案内をしてくれる係の人は、皆さんとても親切な方ばかりでした。
帰りにはパンフレットと、西澤丞氏撮影による絵はがきをいただいてホクホク。

 ちなみにこの施設は『鉄人28号』『仮面ライダー555』『スカイハイ』などのロケにも使われたんだとか。

ブログ変更のお知らせ2006/07/12 18:19

ここのブログの機能がお粗末なので、よそに引っ越すことにしました。
新しいブログはこちらです。
ブログのみにブックマークしている方は、変更よろしくお願いします。


元気があれば、古い記事も新しいところに移すかもしれませんが
まだどうなるかはわかりません。

めんどうくさがりだから、そのままかも……(^ω^;)