「劇画の星」をめざして2006/07/03 15:51

『劇画の星をめざして』佐藤まさあき著 文芸春秋

 貸本劇画で一時代を築いた佐藤まさあきさんの自伝。

 当時の貸本業界の栄枯盛衰、その後の劇画ブーム、「劇画」に対するバッシング、交流のあった漫画家、編集者、アシスタントたちの奇態、確執などが赤裸々につづられていて、いわば戦後漫画史の裏側をのぞき見るような内容。中でも原稿料の推移が具体的な数字で生々しく記されていて、これには驚きました。
 トキワ荘を中心とした漫画家の自伝などと違い、貸本劇画の世界は、また独特の雰囲気があります。

 私がものごころついたころは、すでに町から貸本屋の姿が消えかかっていたので、貸本に光が当たった時代を私は知りませんし、貸本を描く作家に対しても暗くて辛いイメージがつきまとうけれど(たぶん水木しげるさんやつげ義春さんが漫画で描いていたイメージ)、じつは業界の最盛期に人気のあった作家はすごかったらしい。
 著者が日の丸文庫のパーティで聞いた話として「出版社が人気作家を確保するために、専属契約がわりに家を一軒買い与えた」などというすさまじい逸話が載っています。
 それでもブームはそう長くは続かず、貸本業界が斜陽になったときに、いちはやく大手の雑誌に活動を移せた一握りの人が、今で言う勝ち組ということなんでしょうか。

 著者自身も、何度もピンチに陥りながらも、貸本業界から雑誌に移ることに成功し、人気絶頂のころは、池袋に五階建ての自社ビルを建てたり、鎌倉の海の見える高台に家を建てたり、クルーザーを買ったりと、それはもう羽振りがよかったそうですが、当然むちゃくちゃな仕事量だったからこそできること。一日で一本の連載を仕上げるような殺人的スケジュールをこなしていたというのだから、物理的に考えただけでも相当な量です。

 そしてその後、仕事が徐々に減っていく様子も、著者は正直に綴っています。