ポセイドン2006/06/07 12:35

ペーターゼン監督がリメイクした『ポセイドン』を観てきました。

 娯楽に徹してます。しかもずいぶんと上映時間が短いからササっと見れる。見てる間はまったく退屈する暇を与えないように作ってありました。こういうのは大画面・大音量じゃないとおもしろさ半減かもしれません。
 ただし上映中はハラハラできるけれど、時間が経つと印象が薄れてくるタイプの映画ですね。ラストも少し物足りなさを感じました。
でも私はこの手の映画はけっこう好きです。

 70年代の『ポセイドン・アドベンチャー』に思い入れがある人なら、過度の期待をしがちでしょうけれど、新作は脚本もキャラクターも一新されていて、まるっきり別物です。人間ドラマは希薄。アクションに重きをおいた作り。どうしても旧作と比べてしまいますが、最初からまったく別な映画だと思って観るのが正解。
 ポセイドン号も旧作は郵船を改造した貨物船兼巡航船だったのが、新作では最新鋭の超大型豪華客船ということになってます。そのあたりのセットの豪華さも見どころ。

 こういう脱出劇は、つまりは人の一生を極端な縮図にして見せてるようなもんですね。災害をネタにしてるから災害が主役だと思ってしまうけど、災害自体は道具であって、当然ですがあくまでも主役は人間。
「死」というものを人間は普段はわざと考えないようにしてますが、いつどんな条件で死が訪れるのかは誰にもわからない。 パニック映画は登場人物がその恐怖に立ち向かい、克服する過程を手に汗握る演出で見せてくれる。だから面白いんじゃないかなと私は思います。


 で、ここから先は原作小説の話。多少「ネタバレ」とかいうやつがありますので、一言お断りしておきます。

 ジーン・ハックマンが型破りな牧師を演じた旧作の『ポセイドン・アドベンチャー』は、「人間ドラマがよく描けてる」というような評をあちこちで見かけます。
 でも原作を読むと、映画で受けた印象がだいぶ変わりました。
神に祈ってる暇があったら自分の力で闘え、そして勝て という考えの牧師さん、映画では彼はヒーローだし、その行動は弱者を助けることになるけれども、原作では必ずしもそうとは言いきれない。
彼は祈らない代わりに自分の行動でのみ神を感じようとする。常に障害に対して、自らの力で勝利をつかもうと努力する。なぜなら自分の勝利を神に約束したし、その姿を神が望んでいると信じているから。
 だけど彼が信じているのは「神」ではなく、神の目の前で自力で勝利する自分ではないかと思えるんですね。だから望みが絶たれたとき、最後の最後に神に大声で悪態をつくけれども、それは完全に一方的なやつあたりだったし、映画版で変更された自己犠牲の姿とも明らかに違う。

 さらには途中リタイアで飲んだくれてた男が助かったり、じつは彼等とは別のグループが船首のほうから楽に大勢脱出できたというのは、登場人物のみならず、旧作映画が好きな人にはショックな展開じゃないでしょうか。

 キャラクターは皆それぞれに立派な振る舞いをすることもあれば、心の中では誰かをけなしたり呪ったり、あるいは邪魔者に思ったりもしてるわけです。たとえば皆に嫌われていた仲間が不慮の死をとげたときや、危険を目の前にして自分が尻込みしたとき、あるいは苦労した様子もなく無事助かった人々を見たとき、登場人物たちの取り繕った言葉や態度の裏側にある心の声を、小説は容赦なく暴いて見せてくれます。

そういうわけで「人間ドラマ」がお好きな人は、原作も読んでみると一層楽しめると思います。ただしおもいっきりドロドロですが。
 個人的には映画版には出てこないシェルビー夫妻(スーザンとロビンの両親)の関係がリアルで怖い。これは怖すぎる。


 ところで、長らく絶版だった原作本が、映画公開に合わせて新訳で出たのは嬉しいことですが、タイトルが『ポセイドン』に変わってしまったのがちょっと嫌なかんじです。
小説も原題は『ポセイドン・アドベンチャー』なのだから、ここはそのままにしてほしいところですね。

ポンペイの輝き2006/05/25 12:28

 24日は「Bunkamuraミュージアム」で開催していた『ポンペイの輝き』展にも行ってきました。

 平日の昼間にしてはやたら混雑してましたが、展示物、展示方法ともに大満足。2000年前のモノがこれほど鮮やかに残っていることに驚くと同時に、噴火の犠牲者たちがひどく身近に感じられました。

 日常の道具や装身具は、基本的には今と大差ないんですよね。
そう思うと、今まで無意識に「歴史」というフィルターをかけて見ていたものが、リアルに感じられるような気がします。今と地続きの出来事なんだなあと。

『ポンペイの輝き』公式サイト
http://www.asahi.com/pompei/index.html

ウィザードリィ原画展2006/05/24 23:35

 渋谷のギャラリー「GoFa」にて、「ウィザードリィ原画展」を見てきました。
先日出たばかりの画集を中心に据えた原画展ですが、ウィザードリィ以外の絵も何点かありました。いずれにせよ目の保養。

 欲を言えば、もう少し大きな会場でたくさんの原画があったらよかったなと。「40~50点の原画を展示」と聞いていたのに、展示作品は30数点ほどしかなかったので。

画集ウィザードリィ2006/05/20 22:56

アマゾンに予約してあった末弥純さんの画集が今日届きました。
タイトルのとおり、ウィザードリィのために描いたイラストばかりを集めた画集。

収録された作品のほとんどは既に見たことがあるし、持っているものも多いけれど、やはり一冊にまとまったものは嬉しい。

ただ残念なのは、1~3までのモンスターデザインのイラストが入ってないんですね、これ。
5と6(BCF)のモンスター中心になってます。
でも私はBCFはPC版でしか遊んでいないので、じつは末弥さんのデザインしたモンスターは初見でした。いいなーこれ。じっくり楽しもう。

ところでこの本、発売日が4月末から5月18日に変更になっていたらしい。
いつまでたっても届かないから、不安になってアマゾンの注文履歴を見てみると、
「配送予定日: 2006/5/1 - 2006/5/2」と書いてある。

発売日である5月18日になっても「2006/5/1 - 2006/5/2」のままになっていた。こういうのすぐに直してよ、アマゾンさん。

2006/05/18 01:00

最近ようやく我が家の周辺も光ファイバー対応になりました。

そしたら「NTTの光にしろ光にしろ」と勧誘の電話があった。
(電話してきたのはNTTじゃなくて別の会社です。)

ADSLで特に不便を感じてはいないけど、せっかくだから光にしようかなと。

承諾すると、追って別の電話がいきますというので待っていると、すぐに違う人から電話があって、同じような質問をする。
それも終わると、今度はその上司とかいう人から電話がある。
「ではすぐにNTTから連絡が行くと思いますので」とか言ってた。
NTTに回すまで、なんでそんなに大変なんですか。

それが連休前のことです。

で、おとといですか、ようやくNTTから電話キタ。

………………対応遅すぎませんかねー('A`)

それからいろいろ思うところがありまして、結局キャンセルすることにしました。

ところが「なにかあったときには」と教えてもらった番号は何度かけても電話中。
20回くらいかけたけど通じない。
わざとじゃないのか、これw

一応116にもかけたら、こっちも通じない。フハッ

そこで気がついたんですが、ふだんからメールでのやり取りに慣れてしまっているせいか、電話が通じないときに代わりにメールで連絡できないと、かなりイライラするもんだなあと。

ホテル・ルワンダ2006/05/13 20:09

パンフレット
 ルワンダ大量虐殺を題材にした実話の映画化です。

『1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」としてこの悲劇を黙殺する中、ひとりの男性の良心と勇気が、殺されゆく運命にあった1200人の命を救う。』(公式サイトより)

 すごくいい映画でした。
いい映画だし評判も高いけれど、興業的に成功しないだろうという見込みから配給会社が買い付けに二の足を踏んでいて、日本では公開されなかったかもしれない映画でした。
 しかし、mixiからはじまったインターネット上での署名運動、「ホテル・ルワンダ日本公開を求める会(現“日本公開を応援する会”)」の活動で今年の1月に日本公開が実現したという曰くつきの映画です。

 数十万人の大虐殺の話だから、映画的にいくらでもきわどくできるのに、あえて残酷な描写を抑えて人間ドラマを中心に据えた作りでした。
といってもドキュメンタリー調の地味な映画でもなく、サスペンスに次ぐサスペンスの連続で最後までハラハラしっぱなしです。

 ホアキン・フェニックス扮する米国のカメラマンが、生々しい虐殺の現場を撮影してくる。
その映像を見た主人公は「これが世界中で放送されれば救助が来る」と期待します。
しかしカメラマンの言うことには「ニュースを見た人は『怖いね』と言って、そのあとでディナーを続けるだけだ」

この言葉は効いたなあ…。

『ホテル・ルワンダ』は今もあちこちで上映が続いていて、細々とですが6月7月まで上映予定が入ってます。

『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会
http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/index.html

公式
http://www.hotelrwanda.jp/

プラネットアース2006/05/09 21:14

NHKとBBCが協力して5年がかりで撮影・制作した自然ドキュメンタリー『プラネットアース』が始まってます。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/planet.html

これはじつにすごい。
ふだん目にできない映像が次から次へと映し出されるので、開いた口がふさがる暇がありません。録画して永久保存。

今夜は3回目。全部で11回あるそうですが、
4回目続以降は10月の予定だとか。