画集ウィザードリィ2006/05/20 22:56

アマゾンに予約してあった末弥純さんの画集が今日届きました。
タイトルのとおり、ウィザードリィのために描いたイラストばかりを集めた画集。

収録された作品のほとんどは既に見たことがあるし、持っているものも多いけれど、やはり一冊にまとまったものは嬉しい。

ただ残念なのは、1~3までのモンスターデザインのイラストが入ってないんですね、これ。
5と6(BCF)のモンスター中心になってます。
でも私はBCFはPC版でしか遊んでいないので、じつは末弥さんのデザインしたモンスターは初見でした。いいなーこれ。じっくり楽しもう。

ところでこの本、発売日が4月末から5月18日に変更になっていたらしい。
いつまでたっても届かないから、不安になってアマゾンの注文履歴を見てみると、
「配送予定日: 2006/5/1 - 2006/5/2」と書いてある。

発売日である5月18日になっても「2006/5/1 - 2006/5/2」のままになっていた。こういうのすぐに直してよ、アマゾンさん。

ウィザードリィ2006/03/16 09:49

末弥純氏の画集『ウィザードリィ・ワークス』が再販されます。

復刊ドットコムの説明によると、
「かつてアスキーより刊行され絶版となっている『ウィザードリィ・ワークス』以降に描かれた作品も掲載。本書のための描き下ろし作品がカバーを飾る。」
とのことで、ふつうの再版とは一味違うようですね。
タイトルも『末弥純画集 ウィザードリィ』に変わるそうです。

いや、これは嬉しい。復刊リクエストに一票を投じてから何年も待った甲斐がありました。

【発行】新紀元社
【判型】A4判、ソフトカバー
【頁数】128頁
【定価】4,200円(税込)
【発送時期】4月下旬

残虐ゲームは18禁?2006/02/18 12:30

残虐表現含む家庭用ゲーム、業界が“18禁"表示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060217-00000011-yom-soci

 そういえば、前から海外市場に向けた日本製ゲームは、血の色を緑に変えたりしてましたね。

 日本は暴力表現に関しては、かなり野放し状態だと思います。
でもこういう規制をやるなら、ゲームばかりを悪者にしないで、まっさきにテレビをなんとかしてほしいもんです。

 これがエロ描写なら、とりあえずおっぱいが出てたらNGとか、アンダーヘアがあったらダメとか、内容どうこうより、見た目の線引きの規制が昔からありました。
見えてるかどうかで判断っていうのは、かなりばかばかしい基準です。
性器を描かなくても、濃厚なペッティングや性交シーンを売り物にしている少女向け漫画が一般売りされてるのが現状だし。

 しかし「見えてるか見えてないか」というのは、一番楽な線引き方法ではあるんでしょうね。
エロ描写に限らず、内容的にそれこそ“良識のある大人”たちが「子供には見せたくない」と眉をひそめる漫画やアニメや映画も多いようですが、映画や漫画の内容をいちいち詳細に吟味するわけにもいきませんから。
それにエロの場合は「猥褻」と「芸術」を見分ける方法がない。
仮に方法があったとしても、誰がそれを見分けるのかという問題が残る。

 それと同じで、残酷描写も線引きが難しい。
とりあえず血がどのくらい出てるかとか、体の一部がもげるかどうかとか、そういう見たままの基準で判断するしかないんでしょう。

 テレビで毎日のように放送してる時代劇は、毎回30人くらいは刀で敵を斬殺してますが、あれは血が出ないからいいんですね。手がもげたり返り血で主人公の顔が真っ赤に染まったりしたら、さすがにおばあちゃんもせんべい食べながら桃太郎侍を見れないだろうし、8時台には放送できない。(でも10時台ならやっちゃうのが日本(笑)。)

 ただ、今後ゲーム以外にも年齢制限を厳しく定めようという動きになると、たとえば『もののけ姫』も残酷描写があるので18禁アニメになっちゃうのかという疑問が出る。現実問題としてそれはないでしょうけど、判断に困るケースはたくさん出てくるような気がします。

 それと、18禁になったんなら残酷描写がバンバン入るのかというと、それはそうでもなさそう。あくまでも「家庭用」のゲームソフトなので、内容が前よりどぎつくなったりもしないはず。特にゲームに関しては、今後ますます自主規制が強くなるんじゃないでしょうか。

 でも中高校生あたりに人気のあるゲーム(バイオとか)の制作会社が、18歳以下にも販売できるように表現を緩めてしまうことがもしあるなら、それはつまらないなと。