ポセイドン2006/06/07 12:35

ペーターゼン監督がリメイクした『ポセイドン』を観てきました。

 娯楽に徹してます。しかもずいぶんと上映時間が短いからササっと見れる。見てる間はまったく退屈する暇を与えないように作ってありました。こういうのは大画面・大音量じゃないとおもしろさ半減かもしれません。
 ただし上映中はハラハラできるけれど、時間が経つと印象が薄れてくるタイプの映画ですね。ラストも少し物足りなさを感じました。
でも私はこの手の映画はけっこう好きです。

 70年代の『ポセイドン・アドベンチャー』に思い入れがある人なら、過度の期待をしがちでしょうけれど、新作は脚本もキャラクターも一新されていて、まるっきり別物です。人間ドラマは希薄。アクションに重きをおいた作り。どうしても旧作と比べてしまいますが、最初からまったく別な映画だと思って観るのが正解。
 ポセイドン号も旧作は郵船を改造した貨物船兼巡航船だったのが、新作では最新鋭の超大型豪華客船ということになってます。そのあたりのセットの豪華さも見どころ。

 こういう脱出劇は、つまりは人の一生を極端な縮図にして見せてるようなもんですね。災害をネタにしてるから災害が主役だと思ってしまうけど、災害自体は道具であって、当然ですがあくまでも主役は人間。
「死」というものを人間は普段はわざと考えないようにしてますが、いつどんな条件で死が訪れるのかは誰にもわからない。 パニック映画は登場人物がその恐怖に立ち向かい、克服する過程を手に汗握る演出で見せてくれる。だから面白いんじゃないかなと私は思います。


 で、ここから先は原作小説の話。多少「ネタバレ」とかいうやつがありますので、一言お断りしておきます。

 ジーン・ハックマンが型破りな牧師を演じた旧作の『ポセイドン・アドベンチャー』は、「人間ドラマがよく描けてる」というような評をあちこちで見かけます。
 でも原作を読むと、映画で受けた印象がだいぶ変わりました。
神に祈ってる暇があったら自分の力で闘え、そして勝て という考えの牧師さん、映画では彼はヒーローだし、その行動は弱者を助けることになるけれども、原作では必ずしもそうとは言いきれない。
彼は祈らない代わりに自分の行動でのみ神を感じようとする。常に障害に対して、自らの力で勝利をつかもうと努力する。なぜなら自分の勝利を神に約束したし、その姿を神が望んでいると信じているから。
 だけど彼が信じているのは「神」ではなく、神の目の前で自力で勝利する自分ではないかと思えるんですね。だから望みが絶たれたとき、最後の最後に神に大声で悪態をつくけれども、それは完全に一方的なやつあたりだったし、映画版で変更された自己犠牲の姿とも明らかに違う。

 さらには途中リタイアで飲んだくれてた男が助かったり、じつは彼等とは別のグループが船首のほうから楽に大勢脱出できたというのは、登場人物のみならず、旧作映画が好きな人にはショックな展開じゃないでしょうか。

 キャラクターは皆それぞれに立派な振る舞いをすることもあれば、心の中では誰かをけなしたり呪ったり、あるいは邪魔者に思ったりもしてるわけです。たとえば皆に嫌われていた仲間が不慮の死をとげたときや、危険を目の前にして自分が尻込みしたとき、あるいは苦労した様子もなく無事助かった人々を見たとき、登場人物たちの取り繕った言葉や態度の裏側にある心の声を、小説は容赦なく暴いて見せてくれます。

そういうわけで「人間ドラマ」がお好きな人は、原作も読んでみると一層楽しめると思います。ただしおもいっきりドロドロですが。
 個人的には映画版には出てこないシェルビー夫妻(スーザンとロビンの両親)の関係がリアルで怖い。これは怖すぎる。


 ところで、長らく絶版だった原作本が、映画公開に合わせて新訳で出たのは嬉しいことですが、タイトルが『ポセイドン』に変わってしまったのがちょっと嫌なかんじです。
小説も原題は『ポセイドン・アドベンチャー』なのだから、ここはそのままにしてほしいところですね。

ホテル・ルワンダ2006/05/13 20:09

パンフレット
 ルワンダ大量虐殺を題材にした実話の映画化です。

『1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」としてこの悲劇を黙殺する中、ひとりの男性の良心と勇気が、殺されゆく運命にあった1200人の命を救う。』(公式サイトより)

 すごくいい映画でした。
いい映画だし評判も高いけれど、興業的に成功しないだろうという見込みから配給会社が買い付けに二の足を踏んでいて、日本では公開されなかったかもしれない映画でした。
 しかし、mixiからはじまったインターネット上での署名運動、「ホテル・ルワンダ日本公開を求める会(現“日本公開を応援する会”)」の活動で今年の1月に日本公開が実現したという曰くつきの映画です。

 数十万人の大虐殺の話だから、映画的にいくらでもきわどくできるのに、あえて残酷な描写を抑えて人間ドラマを中心に据えた作りでした。
といってもドキュメンタリー調の地味な映画でもなく、サスペンスに次ぐサスペンスの連続で最後までハラハラしっぱなしです。

 ホアキン・フェニックス扮する米国のカメラマンが、生々しい虐殺の現場を撮影してくる。
その映像を見た主人公は「これが世界中で放送されれば救助が来る」と期待します。
しかしカメラマンの言うことには「ニュースを見た人は『怖いね』と言って、そのあとでディナーを続けるだけだ」

この言葉は効いたなあ…。

『ホテル・ルワンダ』は今もあちこちで上映が続いていて、細々とですが6月7月まで上映予定が入ってます。

『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会
http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/index.html

公式
http://www.hotelrwanda.jp/

脚本ベスト1012006/04/09 15:49

「カサブランカ」が最優秀 脚本ベスト101を選出

米国の脚本家約1万人で組織する米脚本家組合は7日、歴代の優れた映画脚本ベスト101を発表し、最優秀脚本には、第2次世界大戦下のフランス領モロッコを舞台とした「カサブランカ」(1942年、脚本エプスタイン兄弟とハワード・コッチ)が選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060408-00000036-kyodo-ent

↓これがくだんの101本のリスト。
http://www.wgaeast.org/greatest_screenplays/2006/04/03/list/index.html

 ウディ・アレンとビリー・ワイルダーがそれぞれ4本入ってますね。

 新しいところではチャーリー・カウフマンの「エターナル・サンシャイン」が24位と大健闘。この映画は個人的に去年観た中でベストだったので嬉しいです。
 チャーリー・カウフマンはそのほかにも「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」と3本選ばれてます。

 映画にはストーリーより情感を見せるタイプのものもありますし、映画のおもしろさを脚本だけで云々はできないとは思いますが、乱暴な言い方をしてしまうと、脚本が良ければ、少々ダメな画面や役者でもおもしろく観れるのは確かではないかと。
 逆に映像がどんなにすごくても、脚本がつまらない映画は10分で飽きちゃう。
 深夜のテレビで古い映画をやっていて、何度も観ていてよく知ってるにも関わらず、ついつい引き込まれることが多いのは、きっと脚本がよくできてるからなんでしょう。

 しかし「十二人の怒れる男」がランク外なのは解せないなあ。

ブロークバック・マウンテン2006/04/03 23:50

 とてつもなくいい天気。
 ここ数日、いや数週間ほど引きこもりの生活だったので、おもいきって自転車で外出。暖かいけれど風がすごかった。
 我が家から自転車で40分ほどの場所にシネコンがあるので、そこまで足を延ばして「ブロークバック・マウンテン」を見てきました。

 ストーリーに期待してたんですが、うーん…それほどおもしろくはなかったですね。各映画賞総なめというイメージが先行して、自分の中で期待値が高まりすぎたか?演技を見るぶんには、役者はそれぞれとてもよかったんだけど。男優も女優も。
映像はきれいでした。山の自然描写もいいんだけど、町の撮り方もいちいちかっこいい。

 しかし平日の昼間とはいえ、客が自分を含めて3人しかいない。おまけに映写機のせいなのか、画面がずーっと微妙に揺れている。字幕がない場面ではさほどでもないんだけど、字幕を追うと酔いそうになる。昔の二番館の上映じゃないんだからねえ。
  
 見終わってから劇場の人を捕まえて「フィルムが揺れて見難かったから直したほうがいい」と言っておいたけど、こういうのは上映中でも文句をつけるべきですかね。でも席を立つとその間の画面は見れないわけだし…。音声が聞こえないとか途中で映像が切れたとかなら金返せと言えるけど、ものすごく微妙なので我慢してしまった。

 たしか『男性・女性』の中でジャン・ ピエール・レオがサイズの違う映画を見せられて、映写室まで怒鳴り込んでいくシーンがあったなあ。

ライオンと魔女2006/03/07 17:37

 昨夜レイトショーで観てきました。
平日の夜ということもあって、客は数えるほど。

 映画「ロード・オブ・ザ・リング」公開のときは、ホビット庄を馬車で訪れるとんがり帽子のガンダルフを見ただけで涙ぐんでた人がいたけれど、さもありなん。私は映画にあわせて本を読んだ新参者でしたが、昔からの愛読者のその気持ちは充分わかります。

 で、まあナルニアの場合は、雪の森の中にぽつんと立ってる街灯を見て、なつかしさで鼻の奥がツーンとなる人が多いはずです。

 小説の原作がある映画の場合、自分が抱いていたイメージと映画になったものが違っているのはあたりまえ。 イメージのまちがいさがしをはじめたらきりがないので、どれだけ早い段階で映画に没頭できるかがカギですね。

 いやほんと、細かいつっこみを書こうとしたらいくらでも書けちゃう。映画としてどうかというと、微妙な部分が多いのは確か。 CGもときどきあれっ?と思うくらい出来あがりにバラつきがあったように思いますし。

 けど、そんなことよりもナルニアの一読者として、純粋におもしろかったです。楽しんできました。

ナルニア2006/03/04 05:50

 映画は今日から公開ですが、まだ観に行けません。
でも観る前に『ライオンと魔女』を読み返してみました。

 全巻通して読んだのはずいぶん前なので、細かいところは忘れてます。
なので新鮮な気持ちで読めたし、児童文学を中年になった今読むと、以前よりおもしろいと思える部分もありました。いい本はそれを読む人の年齢によって違う面を見せてくれるというけれど、まさにそんなかんじです。

 末っ子のルーシィが最初に衣装箪笥に入って、吊るしてある毛皮の先に手を伸ばしていって、もうすぐ箪笥の背板に手が届くはず、と思うあたりの描写が大好きです。読んでるほうもまったく無理なくあっち側にするっと気持ちが動いていっちゃうんですよね。

 願わくは途中でプロジェクトが頓挫なんてことのないよう、シリーズの最後まできちんと映画化してほしいですね。

ゲド戦記の予告編2006/02/23 20:45

ジブリの新作映画『ゲド戦記』の予告編を見ました。

えっ
なんでテルー出るの? と驚いたのですが、3巻だけでなく、それ以降の話も混ざってるようですね。

そして“影”に追われているのはアレンらしい。

うーん…これはちょっとどうでしょうね。
影との対峙シーンがあるとしたら、アレンでやるのかな?
……(´-`;)

テレビドラマ版は主人公の肌が白かったり、真の名を平気で連呼したりと、それはもうひどいものだったそうですが、アニメのゲドの肌の色はというと、なんだかどっちつかずの半端な色に見えました。



*********************************

ところで、もう数日前ですが誕生日を迎えました。
ま、中年になると誕生日自体は嬉しくもなんともないんですが、それでもメールなどでお祝いメッセージをいただくと、やはりうれしいものです(´∀`)
この場を借りてお礼申し上げます。