When I'm Sixty-Four2006/06/19 16:00

 さきほどテレビをつけたら、ポール・マッカートニーが18日で64歳の誕生日を迎えたというニュースをやっていました。
なぜ「64歳」などという半端な誕生日が話題になるかというと、彼がビートルズ時代に作った曲 『ホエン・アイム・シックスティー・フォー』にかけた話題なのです。
 
 ぼくが年をとって髪がうすくなっても
 きみはバレンタインやバースデイカードを贈ってくれるだろうか

 64歳になってもきみはぼくに料理を作ってくれて
 ぼくを必要としてくれるだろうか

といったかんじの、65歳定年まじかをイメージした、つつましやかだけれど幸せな老後を夢見る他愛のない内容の歌なんですが、私は昔からこの歌が好きでした。ヒューズを直して庭の手入れをし、ひざの上には孫がいる、という、なんとも絵に描いたような定年後の姿がかえってほほえましいのです。

 この曲が収録されているアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、今からほぼ40年前のものです。若い頃にさんざん聴きまくったものですが、今では年に一度くらいしか聴かなくなりました。聴くたびにポールの年齢のことを考えてしまう癖がついたのはここ10年ほど。若い頃はポールが64歳になるなんてずっとずっと先のことだと思っていたんですが。

 ポールは先ごろ離婚をしたので、歌詞のとおりの結婚生活とはならなかったのは残念だけれど、もともとこの歌は彼の父親のことを歌ったものなんだそうです。
彼自身も自分が64になるなんて、録音した当時はリアルには想像できてなかったでしょうね。
 

 我が国でもかつて井上陽水が「父は今年2月で 65」と歌ってましたが、陽水自身が65歳の誕生日を迎えたら、そのことが話題になったりするんでしょうか。

ストーンズの無料コンサートに120万人2006/02/20 15:42

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060219-00000058-jij-ent

 120万人とか書いてあるのですが全然ピンと来ません。ニュースによっては100万になってる。どちらにせよ凄い数字。
東京ドームのキャパが5万5千人なので、単純計算で20回以上のドーム公演を一夜でやっちゃったようなものか。
 ミック・ジャガーは「観客が100万以下ならコンサートは失敗」と語っていたそうなので、とりあえずは大成功なのかな。
海上から船で見てる人も大勢いて、それが羨ましいです。

 それにしても、このくらい人間が集まると、赤ちゃんが生まれたり誰か死んだりしてそうなかんじだけど、大事には至らなかったらしい。
たしかウッドストックでは、50万人の観客中、2人生まれて2人か3人が死んでますよね。

で、AOL Musicでこのライブが全曲(たぶん)見れるようになってるのも驚き。
やあ、ずいぶんと太っ腹だなあ。
インターネット万歳です。

炎の砦マサダ2006/01/06 17:36

以前紹介したYahoo!の「LAUNCHcast」というインターネットラジオで、ジェリー・ゴールドスミスにチェックを入れておいたら(オーメンが聴きたかった(笑))、『マサダ』のテーマ曲がかかってびっくり。
あ~、これってゴールドスミスの曲だったのか。ぜんぜん知りませんでした。
20年ぶりくらいに聴いたけど、いいなあ、勇壮だなあ。

この曲が使われたTVムービーは、日本では『炎の砦マサダ』というタイトルで80年代半ばに放送されました。

ユダヤの反乱軍が難攻不落の天然要塞マサダ砦に篭城してローマ軍と戦う史劇で、たしか4回に分けて放送されたように記憶してます。

実話なのでラストはずいぶん悲劇的でしたが、じつに見ごたえがあったドラマでした。
攻城戦に不可欠の「攻城塔」と「破城槌」はこのドラマで初めて知ったんじゃなかったかな。

で、テーマ曲を聴いてたら急にまたムラムラと見たくなって、アマゾンとかを検索。

DVDが出てるかと思ったら、ないっすね~。

おまけに原作本も絶版だし、きびしい状態です。とほほ。