When I'm Sixty-Four2006/06/19 16:00

 さきほどテレビをつけたら、ポール・マッカートニーが18日で64歳の誕生日を迎えたというニュースをやっていました。
なぜ「64歳」などという半端な誕生日が話題になるかというと、彼がビートルズ時代に作った曲 『ホエン・アイム・シックスティー・フォー』にかけた話題なのです。
 
 ぼくが年をとって髪がうすくなっても
 きみはバレンタインやバースデイカードを贈ってくれるだろうか

 64歳になってもきみはぼくに料理を作ってくれて
 ぼくを必要としてくれるだろうか

といったかんじの、65歳定年まじかをイメージした、つつましやかだけれど幸せな老後を夢見る他愛のない内容の歌なんですが、私は昔からこの歌が好きでした。ヒューズを直して庭の手入れをし、ひざの上には孫がいる、という、なんとも絵に描いたような定年後の姿がかえってほほえましいのです。

 この曲が収録されているアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、今からほぼ40年前のものです。若い頃にさんざん聴きまくったものですが、今では年に一度くらいしか聴かなくなりました。聴くたびにポールの年齢のことを考えてしまう癖がついたのはここ10年ほど。若い頃はポールが64歳になるなんてずっとずっと先のことだと思っていたんですが。

 ポールは先ごろ離婚をしたので、歌詞のとおりの結婚生活とはならなかったのは残念だけれど、もともとこの歌は彼の父親のことを歌ったものなんだそうです。
彼自身も自分が64になるなんて、録音した当時はリアルには想像できてなかったでしょうね。
 

 我が国でもかつて井上陽水が「父は今年2月で 65」と歌ってましたが、陽水自身が65歳の誕生日を迎えたら、そのことが話題になったりするんでしょうか。

脚本ベスト1012006/04/09 15:49

「カサブランカ」が最優秀 脚本ベスト101を選出

米国の脚本家約1万人で組織する米脚本家組合は7日、歴代の優れた映画脚本ベスト101を発表し、最優秀脚本には、第2次世界大戦下のフランス領モロッコを舞台とした「カサブランカ」(1942年、脚本エプスタイン兄弟とハワード・コッチ)が選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060408-00000036-kyodo-ent

↓これがくだんの101本のリスト。
http://www.wgaeast.org/greatest_screenplays/2006/04/03/list/index.html

 ウディ・アレンとビリー・ワイルダーがそれぞれ4本入ってますね。

 新しいところではチャーリー・カウフマンの「エターナル・サンシャイン」が24位と大健闘。この映画は個人的に去年観た中でベストだったので嬉しいです。
 チャーリー・カウフマンはそのほかにも「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」と3本選ばれてます。

 映画にはストーリーより情感を見せるタイプのものもありますし、映画のおもしろさを脚本だけで云々はできないとは思いますが、乱暴な言い方をしてしまうと、脚本が良ければ、少々ダメな画面や役者でもおもしろく観れるのは確かではないかと。
 逆に映像がどんなにすごくても、脚本がつまらない映画は10分で飽きちゃう。
 深夜のテレビで古い映画をやっていて、何度も観ていてよく知ってるにも関わらず、ついつい引き込まれることが多いのは、きっと脚本がよくできてるからなんでしょう。

 しかし「十二人の怒れる男」がランク外なのは解せないなあ。

ストーンズの無料コンサートに120万人2006/02/20 15:42

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060219-00000058-jij-ent

 120万人とか書いてあるのですが全然ピンと来ません。ニュースによっては100万になってる。どちらにせよ凄い数字。
東京ドームのキャパが5万5千人なので、単純計算で20回以上のドーム公演を一夜でやっちゃったようなものか。
 ミック・ジャガーは「観客が100万以下ならコンサートは失敗」と語っていたそうなので、とりあえずは大成功なのかな。
海上から船で見てる人も大勢いて、それが羨ましいです。

 それにしても、このくらい人間が集まると、赤ちゃんが生まれたり誰か死んだりしてそうなかんじだけど、大事には至らなかったらしい。
たしかウッドストックでは、50万人の観客中、2人生まれて2人か3人が死んでますよね。

で、AOL Musicでこのライブが全曲(たぶん)見れるようになってるのも驚き。
やあ、ずいぶんと太っ腹だなあ。
インターネット万歳です。

残虐ゲームは18禁?2006/02/18 12:30

残虐表現含む家庭用ゲーム、業界が“18禁"表示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060217-00000011-yom-soci

 そういえば、前から海外市場に向けた日本製ゲームは、血の色を緑に変えたりしてましたね。

 日本は暴力表現に関しては、かなり野放し状態だと思います。
でもこういう規制をやるなら、ゲームばかりを悪者にしないで、まっさきにテレビをなんとかしてほしいもんです。

 これがエロ描写なら、とりあえずおっぱいが出てたらNGとか、アンダーヘアがあったらダメとか、内容どうこうより、見た目の線引きの規制が昔からありました。
見えてるかどうかで判断っていうのは、かなりばかばかしい基準です。
性器を描かなくても、濃厚なペッティングや性交シーンを売り物にしている少女向け漫画が一般売りされてるのが現状だし。

 しかし「見えてるか見えてないか」というのは、一番楽な線引き方法ではあるんでしょうね。
エロ描写に限らず、内容的にそれこそ“良識のある大人”たちが「子供には見せたくない」と眉をひそめる漫画やアニメや映画も多いようですが、映画や漫画の内容をいちいち詳細に吟味するわけにもいきませんから。
それにエロの場合は「猥褻」と「芸術」を見分ける方法がない。
仮に方法があったとしても、誰がそれを見分けるのかという問題が残る。

 それと同じで、残酷描写も線引きが難しい。
とりあえず血がどのくらい出てるかとか、体の一部がもげるかどうかとか、そういう見たままの基準で判断するしかないんでしょう。

 テレビで毎日のように放送してる時代劇は、毎回30人くらいは刀で敵を斬殺してますが、あれは血が出ないからいいんですね。手がもげたり返り血で主人公の顔が真っ赤に染まったりしたら、さすがにおばあちゃんもせんべい食べながら桃太郎侍を見れないだろうし、8時台には放送できない。(でも10時台ならやっちゃうのが日本(笑)。)

 ただ、今後ゲーム以外にも年齢制限を厳しく定めようという動きになると、たとえば『もののけ姫』も残酷描写があるので18禁アニメになっちゃうのかという疑問が出る。現実問題としてそれはないでしょうけど、判断に困るケースはたくさん出てくるような気がします。

 それと、18禁になったんなら残酷描写がバンバン入るのかというと、それはそうでもなさそう。あくまでも「家庭用」のゲームソフトなので、内容が前よりどぎつくなったりもしないはず。特にゲームに関しては、今後ますます自主規制が強くなるんじゃないでしょうか。

 でも中高校生あたりに人気のあるゲーム(バイオとか)の制作会社が、18歳以下にも販売できるように表現を緩めてしまうことがもしあるなら、それはつまらないなと。

日テレ「ニュース・プラス1」を無料配信2006/02/07 04:51

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/06/news032.html

生活が不規則な私は、ちょうど夕方のニュースが始まるころに寝ることもある。

そうすると真夜中に起きる。

そうすると『今日の出来事』とかちょうど終わってる。

なので好きな時間にニュースを見ることができるのは嬉しい。

一時停止できるし、いらないニュースは飛ばせるし、CMがないし、

笛吹雅子キャスターのファンにも嬉しいでしょう。


とはいえ、たとえばYahooニュースのページでは、以前から各局の主なニュース動画は見れましたよね。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/


などと喜んでたら、スーパーボウルの中継見逃した…
今年のハーフタイムショーはストーンズだったのに(ノД`)

未来への遺産2006/01/27 17:27

==========================================================
【NHK番組もCM入りで「GyaO」で公開】

 USENはNHKエンタープライズと協力し、「プロジェクトX 挑戦者たち」などNHKの番組を、ブロードバンド放送「GyaO」で2月3日から順次公開する。通常のGyaOの番組と同様に、CMを挿入して無料配信する。

 「プロジェクトX」5回分のほか、「NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行」(全2回)「未来への遺産」(全15回)も公開する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060125-00000087-zdn_n-sci
==========================================================

 『未来への遺産』は世界各地の遺跡を取材したドキュメンタリーです。
これはDVDも出てるけれど、値段が高いんですよ。

 ただで見られるのはじつにうれしい。

 CMは邪魔ですが、そのくらいは我慢。

 ついでに過去NHKで放送されたドキュメンタリーの最高傑作と個人的に思っている『映像の世紀』もやってくれないかな。
 これもDVDがBOXで売ってるけど、嫌になるほど高くて手が出ません。


 ところで、ブログのスタイルシートを変えてみました。

 以前のものと比べてシンプルでいいように思うんですが、問題がひとつ。
これにすると、ブラウザのブックマークの幅が広いと、レイアウトが崩れて記事がずいぶん下にいってしまうようです。

 せっかく見に来てくれた人に、スクロールさせないと記事が読めないのでは申し訳ないし、かといってブックマークの幅を狭めてくださいなんてお願いができるわけがない。

 うーん、困った。

 まあしばらく様子を見てみます。

女に嫌われる女?2006/01/21 02:49

こんなニュースがヤフーのトップにあった。

=========================================================
「女に嫌われる女」裕木奈江、国費でギリシャへ

かつて「女に嫌われる女」で知られた女優、裕木奈江(35)。しばらく表舞台から消えていたと思ったら、意外なことで再び注目されている。文化庁の「新進芸術家海外留学制度」で一昨年9月から昨年10月まで、ギリシャのバロス島という南エーゲ海の島に留学していたという。芸術家と呼ぶには違和感のあるタレントが、現代演劇の本場とはいえない国で血税を使い何を勉強したのか…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060120-00000012-ykf-ent
=========================================================

いろいろつっこみどころが多くて困った。
まず、「新進芸術家海外留学制度」自体の選考基準とかがおかしいというのならわかるのだけれど、これは裕木奈江叩きにしか読めない。

「芸術家と呼ぶには違和感のあるタレント」というのは、一方的な解釈なんじゃないのかな。
裕木奈江が演劇に興味あるって言って、それが通ったんならいいでしょ。
彼女が通ったことが悪いっていうのなら、通したほうが悪い。

以下引用。
 《裕木と同じ年に留学制度を利用した人の行き先は、ロンドンやパリといった現代芸術の動きが活発な地域ばかり。裕木は「ギリシャ演劇を勉強するために選んだ」としているが、観光地のエーゲ海の島でどんな勉強をしたのか、今後の仕事で見せてもらいたいものである。》
引用ここまで。

ほんとかどうかはともかく、本人がギリシア演劇を勉強したいって言ったのならば、ギリシアに行くのは当たり前じゃないの?
ロンドンやパリを選んだ人たちは観光なんか一切しないとでも?

と、まあ弁護するわけじゃないけど、あんまり変な記事だったもので。
裕木奈江さんのことは別に好きでも嫌いでもないです。
ていうかよく知らない。そうか、女に嫌われてたのかー。